男は無言でアモバン!

男は無言でアモバン!

仕事の経緯

僕は今夜中の警備の仕事をしています。
昔は夢を追いかけて、色々とその夢の為に仕事をしたりって頑張っていました。
けれど、それも20代後半くらいになって気づいてしまいました。
結局大体の出来ること、出来ないことというのは決まっていて、1人がどう頑張ってどうにか出来る問題ではないということに。
ちょっと気づくのが遅すぎたのもあって、結構それから点々と仕事をしていきましたが、特別に好きでもない仕事で給料も安いのに文句をいちいち言われるのも嫌だし、なんといっても年下 が上司になるなんてあり得ない。
そんなことをいっていたらあっという間に20代も終わってしまいました。
今ではやっとこの夜勤の警備の仕事で落ち着いています。
周りに今僕がやっている仕事がこの夜間の警備っていうと馬鹿にする人がいます。
僕も正直自分でやる前だったら馬鹿にしていたかもしれないです。
でも本当にこの夜間の警備ってめちゃくちゃ実はお金も良いし、仕事の内容的にも楽チンなんです。
大体夜の22時とか23時くらいに現場に入って後は、交代の人と変わりばんこにぼーっと立って変なことが怒らないことを祈っているだけです。
これで大体一日10000円から12000円ももらえてしまうんです。
普通に働いていても、一日にこんな高額な金額を得られる仕事って中々実はないんですよ。
居酒屋さんや土方系のガテン系の仕事にしてもそう。
結局めちゃくちゃ疲れて8000円とかですよね?それなら全然こっちの方が割にあってます。
冬が少し寒いのが難ですけど、それはそれで夜中のコーヒーが上手かったりって良いところもたくさんあるんです。
ただ、一つどうしても最近困っているのが、眠るのは朝であるということ。
若い頃は全然好きなときに眠ることが出来ていたのですが、最近明るい日中だとわかっていると中々寝付けないんです。
だから一旦はお医者さんで睡眠薬を処方してもらいにいって、睡眠薬の中でも安くなるアモバンを処方してもらいました。
でも結局このアモバンも無駄な生活費になってしまうので、出来れば飲みたくはないのですが、今ではこのアモバンがないとまともに睡眠が取れないです。
だから僕以外で夜勤をしている方々にどうしているのかを是非伺ってみたいなと思います。