男は無言でアモバン!

男は無言でアモバン!

不眠症の種類

不眠症のには5つのパターンがあること知っていますか?
まず、その5つのパターンについて説明していきたいと思います。
1つ目は、入眠障害。
寝つきが悪く、気づいたら朝なんてこも…
2つ目は、熟睡障害
生活リズムも整っていて、睡眠時間も十分とれているけど、寝れた感じがせず、日中ぼーっとしてしまう。
3つ目は、中途覚醒
寝つきはいいけれど、すぐに目が覚めてしまい、その後眠れない。
4つ目は、早朝覚醒。
朝の目覚めが早すぎて、なにもすることがなくて辛いなんてことも。
最後の5つ目は、過眠症。
特別疲れているわけでもないのに、日中などに突然強烈な睡魔に襲われてしまう。
不眠症のパターンだけでもこれだけ多くのパターンがあります。
どのパターンも眠れても寝た感じがしなかったり、眠れないものばかりです。
不眠症の原因となっているものは、主にストレスからきます。
眠らなきゃなど心理的なところからくる場合が多いようです。
後は、コーヒーなどのカフェインを含む飲料の飲みすぎや、アルコール類、たばこの吸いすぎなどで、脳が興奮してしまって寝れない場合が不眠症を引き起こす原因となっています。
私は、この中で1つ目にあげた、入眠障害で全く寝付けず、十分な睡眠を摂ることができず生活していました。
改善策の1つとして、私は睡眠薬を使っていました。
アモバンという薬で、早く効き目があって、服用後体内に長くとどまらないことに特徴がある薬です。
しかし、このアモバンは飲むと口の中が苦くなるのがデメリットでした。
苦みが苦手な人は向かないかもしれません。
他にも、もともとは抗うつ剤として使用されていた、デパスなど、睡眠薬は市販のものから処方箋がなければ、服用できない薬まで様々ありあます。
不眠症の種類によっても服用する睡眠薬が変わってくるので、そういった点には注意が必要です。
自分の症状がわからない方は、医師に診断してもらうのが一番の方法かもしれませんね。
仕事に影響したり、事故の原因にもつながるので、早期の改善をおすすめします。